貞彦編476

 すっかり秋めいて寒ささえ感じる…北海道では初雪が降ったそうですね。このコーナーでは雑貨屋のように、お値打ち品を数々揃え、さまざまな巷の風景や現象を手に取り感じながら執筆していますが、家族があたしたちを昨日、こう定義したのには驚きました。つまるとこさ、うちらは、クレーマーじゃないかなあ?って。満タンにガソリン入れてスタッフ給油終わりお釣り受け取る時だった。スタンド店員が小銭を地面に落とした。私に渡す瞬間、チャリンという音で分かった…って家族は言う。怖くて緊張し過ぎて落としたのよ、うちらはクレーマーなのよ。説得力ありまくりで(あたしも)人間だもの、考え込んでしまいました。

貞彦編475

 毎日朝の6時半くらいから楽天ブログで映画について書いている。ゴリラのようちゃんで執筆してます。映画に的を絞るのは初の試み。ざっくばらんに日々を綴ってましたが、今回途中から啓示がある。映画に脈あり…と。実は余り詳しくない。それなのに執筆していることは図々しい行為かもな?ってニンマリ。人生は早いもん勝ち!!このスピードがリアル勝利に繋がる。例えば家に書き貯めた原稿が山程ある学者でも、たった今、旬な話題を投稿出来た人には絶対に勝てない。この理屈と同じ。投稿にはお金が掛かっているからです。通信料金です。郵便投稿ならば切手代。そういう金銭仔細に無頓着であってはいけない。すぐさま感動を伝えられる人物になれれば、君はサクセスのコアを獲得出来ます。

貞彦編474

 私は今、岩見町のふくの湯に来ています。自分は入浴せず、ゲーセンの前のソファに座って待つ。孫は湯船で遊び母親がシャンプーする。家の給湯が壊れ、5分以上は湯が出ない。以前はあたしが居ないと孫は入浴は不安がったけど、今はママと二人、入浴が可能になって嬉しい。ペーロンという家族風呂にいます。どうしても孫に甘い私…娘はめちゃくちゃ厳しい。食事のときの作法は特に目を見張る。一回口に入れたものは必ず飲み込ませる。だから、苦手な食べ物が孫はありません。あたし、自分の子育ては甘かったって思う。嫌いなものや、食べたくないものは、無理はしないで、出してよいの教育でした。どこに行っても、キリリとして、母親の教育方針で通す孫が今、ハマっているのがスーパーベイビーでユーチューブのサイトみたい。じゃあまた明日ね!!チャオ♪

貞彦編473

みんな、様々な分野でしのぎを削り、日夜踏ん張ってる。学生なら友情を構築したり、部活での鍛錬、学校の単位も必須でしょう。この国でブロガーとして発信している方々は年々増えてそれも、自由の国が持つ長所だと思う。学生ブロガーも素晴しい。通信を有意義に使いましょう。もしも困難にぶつかっても、解決の糸口は世間の皆が少しずつ、持つ。安心してよいのです。悩みをひとりで抱えず、口笛のように音にして出してみましょう。家族は今はコメントにハマりヤフーニュースにコメントしています。いいねが一杯来たら嬉しそうに数を自慢してきます。気になるニュースがそれぞれあって、随時選択出来る。自由の国のライティングポリシーです。

貞彦編472

私は今朝、セブンイレブン矢上店でキャノンの計算機を購入した自分を褒めています。2年前くらい。もちろんすまほにも計算機は内蔵。でも、今日は、このキャノン計算機の出番が来てるなって2年ぶりに開く。自分がこの世に誕生して何日が経過したかを計算したのです。本当に驚きました。喉元過ぎればなんとやら…苦しい時をすぐに忘れてしまう。金が入ると横着になる。ちゃんと、鬼になって、金を、貯めたい!!決心がつきました。じゃあ一日100円を積みながら、何が一番大事なこと?言わずもがな長寿です。毎日健康でいられますように…。

貞彦編471

 君が今落ち込む状況ならばどうすれば浮く?そればかり望むのは良くない。私は今回、嫌という程、身に沁みた。金の全くない恐ろしさ、心細さだ。私を例に取ろう。それを基本に問題点を掘り下げていく。なぜそれが必要なのか?私は3人の息子に助けを求めカンパしてもらった。それなのに、この有り様だったからだ。貯蓄率がめちゃくちゃ低いのに、消費欲は凄い。このアンバランス。今日から開始した。こんな金欠にならない為には防止策が必要と睨んだ。田舎では近所の誰かが亡くなると、百円を集金にくる。これをメザマシって呼ぶ。嫌とは言えない。皆で金を集め仏壇に班長が納めにいく。その時に故人に手を合わせる。一日百円を仏壇の横にある賽銭箱に入れていくことにした。ゴリラのようちゃん目覚まし貯金だ。

貞彦編470

 自分が放流したコインが最終的に、北海道まで到達したり、実際あるのだろうか。お札やコインにGPS付けるのはむずい。でも、どこへ行ったかを知りたい気持ちがある。思い入れがあるコインなら尚更だ。生まれて字を書けるようになったら、まず、子供に、僕の家計簿を付けさたら、有意義だろう。親も付けるべきだが、子供も成長を余儀なくする。ゴリラのようちゃんが46年前に買ったあのおにぎりの値段も、家計簿付けていたら、簡単に分かった。たかが一円、されど一円。経済はすべて、一円から始まるのだ。ちなみに、昭和7年発行の50銭をあたしは持つ。質屋に電話して値を尋ねる。価値はないと言われても、ようちゃんは別の認識でいる。誰が持つかを質屋は知らない。所有者が誰か?で価値は変わる。